人は人を人形にして永久に保存する技術を手に入れた

 今より少し先の未来

人類は人を人形にして永久に保存する技術を手に入れた。

その技術は4つの人形師の一族によって受け継がれ、天才から一般人まで様々な人形が増えていった。

現在は人形師自ら術をかけなくても増やせる人形が増えた。そのために人形による闇は広がっていた。

 

『なぜこの技術が発達したのか』

 天才や偉人たちがずっとこの世にいたらいいのに。もっと身近にいたらいいのに。

そう思った人々が集まって作り出した技術。

才能を持った人がたくさんいれば世界中のみんなが幸せになれると考えた人形師と学者たちの夢。

実際に成功させたのは元祖人形師、F.キルトシュタイン

彼女が人間として最後に作ったのが「カーネイジ人形」シリーズ。

その彼女の遺作、カーネイジ人形をめぐって物語は進んでいく。

 

 キルトシュタインが行方不明になってから世界は歪んだ方向へと進んでいき闇を深くする。

 

『人形たちの闇とは』

 なぜ人形たちの闇が生まれたのか(人形を参照)

 

すべての事実の背後には一人の少女がいた。

 

現代に限りなく近い世界で起こる人と人形の在り方。